育児中家庭でロボット掃除機を使う3つのメリット

3歳の我が子はサ行が苦手【子どもの発音の上達ペースの平均を調査】

3歳の我が子はサ行が苦手【子どもの発音の上達ペースの平均を調査】子育て
この記事は約3分で読めます。
PR
はじめまして、じっくりおとん@ji_oton)といいます。現在子育て歴6年、長女6歳/次女3歳/長男2歳の3児のパパです。

今回は、3歳の我が子はサ行が苦手【子どもの発音の上達ペースの平均を調査】というテーマで書いていきます。

子どもが3歳になってよくしゃべるようになったけど、まだまだ赤ちゃん発音が抜けなくてかわいい。赤ちゃん発音って何歳ころまでに卒業すればいいんだろう?

我が家は次女が3歳になろうとしているんですが、次女とお話しているとサ行がどうもうまく発音できないのか、赤ちゃん発音でかわいいんです。

しゃべりはじめてから3歳ころまでの間って、しゃべりがつたなくて、聞き取るのが大変

毎日聞いていると親はわかるようになるんですが、それでも聞き取れないこともしばしば。

でも本人も伝えたくて、いっしょうけんめい話すから、ほんとかわいいんですよね。

なんならいつまでもこのままでいいとさえ思うんですが、参考までに正しい発音ができるようになる年齢って一般的にどのくらいの年齢なんだろう?

ということが気になったので調べてみました

備忘録的にまとめておきます。

余談ですが、女の子は男の子よりもよくしゃべると言いますが、我が子(長女&次女)も1日中ずーっとしゃべってます。そりゃ女の子のほうが口喧嘩が強くなるわけだなと実感しています。

PR

【結論】サ行は一番最後、5歳で完成が目安

いきなり結論。

サ行は発音の中で一番難しいレベルに位置付けられていて、発音完成の目安は5歳です。

発音は専門用語で構音と表現され、構音(発音)の発達には順番があります。ことばの音を作り出すことを構音と言います。

いろいろ調べたんですが、以下のサイトが一番わかりやすく書いていました。

長野県立こども病院 口唇口蓋裂センター

発音の発達には、ある程度の順序性があります。体の成長や脳の発達とともに、簡単な発音からより複雑な発音ができるようになります。

http://www.nclp.jp/faq/categories/faq08.html
PR

各発音の完成年齢の目安

発音の完成年齢は以下のように位置づけられています。

年齢完成する構音(発音)
2歳代パ行、バ行、マ行、ヤヨユワン、母音
3歳代タ行、ダ行、ナ行、ガ行、チャ行
4歳代カ行、ハ行
5歳代サ行、ザ行、ラ行
参照:http://www.nclp.jp/faq/categories/faq08.html

一番難易度の低い発音の中に、マ行、パ行があります。

1歳ころの赤ちゃんが最初のほうに覚える言葉は、

  • ママ
  • パパ
  • ばぁば
  • まんま
  • ワンワン
  • ブーブー

とかだったりしますよね。

これらはやはり小さい子が発音がしやすい言葉に入っていました。

ということで、昔の人が決めたママやパパなどの赤ちゃんの親の呼び方や赤ちゃん用語は、こういったところから、赤ちゃんが発音しやすいようにと、考えられていたんだなと感じました。

ちなみに、Eテレの大人気キャラクターのワンワンも、おそらくこういったデータの中から発音がしやすいキャラクター名にしようというのが、最初の構想段階からあったんじゃないかなと想像できますね。

PR

まとめ

ということで、子どもの発音の上達ペースの平均を調査を調査してみました。

その結果、

  • 3歳児がサ行をうまく発音できないのは一般的
  • サ行がうまく発音できるのは5歳頃

ということがわかりました。

この記事が、ボクと同じようにお子さんの発音について気になっていたパパさんママさんの参考になっていれば幸いです。

この記事が参考になったらシェアしていただけると幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました