育児中家庭でロボット掃除機を使う3つのメリット

赤ちゃんの鼻水は病院に行かずに家でも吸える【鼻水吸引器を購入するメリット】

赤ちゃんの鼻水は病院に行かずに家でも吸える【鼻水吸引器を購入するメリット】育児で使うもの
この記事は約4分で読めます。
PR

赤ちゃんが風邪をひいて鼻水がすごい。やっと寝かしつけても息がゴロゴロいって苦しそう。病院に連れて行って吸引してもらうのも大変だし、、自宅で気付いた時に吸ってあげられたらいいのに。

風邪のシーズンだと特に、こういうことってよくありますよね。

この記事では鼻水吸引器を一家に一台持っておくべき理由を書いていきます。

PR

我が家が鼻水吸引器を購入したきっかけ

我が家では長女が中耳炎と診断され、風邪で鼻水が出はじめると、決まって頭(耳のあたり)を痛そうにしていました。

そのたびに耳鼻科に行き、鼻水を吸ってもらっていたのですが、薬を出してもらう時以外にも鼻水のためだけに病院に通うのは、厳しいんですよね。

そもそも1日1回吸ってもらうだけでは十分じゃないのですが、だからといって1日に何度も病院に行くわけにもいかないということで困っていました。

病院に連れて行くには他にも心配ごとが。

  • 子供の体力的な負担(出来るだけ寝かせておいてあげたい)
  • 余計な菌をもらってきそう(逆に体調の悪化)

などもあり、鼻水をなんとか家で吸えないかと思って鼻水の吸引機を探しました。

PR

鼻水吸引機を使ってみて良かったこと

良かったことはここに尽きます。

  • 鼻水を吸うのにわざわざ外出しなくて済む
  • 1日に何度も吸ってあげることができる
  • 夜中でも吸ってあげることができる

昔は鼻水が出ても家では拭いてあげることしかできず、夜も中耳炎で大泣きすることがあったんですが、

そういった時にも吸ってあげることができるし、1日に何度も気になる時にすぐ吸えるというのは大きなメリットでした。

初期症状の時に吸ってあげることで中耳炎の症状も悪化しないという点もありがたかったです。

そのおかげもあってか、長女の中耳炎は成長とともに出なくなりました。

PR

我が家が使っている鼻水吸引器のタイプ

鼻水吸引器にはいくつかタイプがあります。

  • 自分の息で手動吸引するタイプ
  • 自動吸引のハンディータイプ
  • 自動吸引の置き型タイプ

我が家は自動吸引のハンディータイプを選びました。

理由としては自分の息で吸引するタイプは吸引力は強いかもしれませんが、衛生面が気になりました。

また、自動吸引の置き型タイプは吸引力は非常に強力ですが、金額が高かったのと、保管に場所を取るという部分が気になりました。

その点、ハンディータイプは吸引力こそ置き型には劣りますが、衛生面でもノズル部分を丸洗いできたり、充電することでしばらくは使えるので、家の中での持ち運びも保管もしやすいです。

それこそ夜中に耳が痛くて起きてしまった時なんかでも寝室でも吸ってあげられるんですよね。

PR

吸引器を使う時は大人一人だと大変

いつでもどこでもお鼻を吸ってあげられること自体はとっても便利なんですが、

ただ、子供がめちゃくちゃ嫌がるんです。

吸ってしまえば楽になるので息苦しさも解消するんですが、吸われるのがとにかく子供は嫌いです。

めちゃくちゃ暴れるので、我が家ではボクが手足を押さえてママが頭を固定して鼻水を吸うという感じです。

うちの子達は泣き声が大きいので、このときばかりは虐待を疑われるんではないか?くらいのギャン泣きになります。正直めちゃくちゃ心が痛いのですが、その後スッキリすることが確実なので「頑張れ!」と思いながら心を鬼にして使っています。

ですので、ママ一人の時に使おうと思うと、子供が暴れちゃって大変だと思います。とはいえ吸ってあげないといけない時もありますので、そんな時は一度深呼吸してから落ち着いて始めてみてください。

PR

家での鼻水吸引器の吸引力には限界がある

家で使う様な鼻水吸引器は、とても便利な反面、病院で使っている吸引器ほど吸引力がありません。

かかりつけの小児科の先生が、

「自動吸引の置き型タイプの中には病院で使っているものと同等の吸引力があるものがあるよ。」

と教えてくれたことがありますが、かなり値が張るものでした。

「ボクはこれを使っているのでオススメだよ。吸引器買うならこれにしたほうがいいよ。」

と言いますが、なかなかそんなハイスペックのものは買えませんよね。。。

ということで、まずは自宅の吸引器でこまめに吸ってあげて、自宅では吸いきれない固めの鼻水が出てしまっている時は、病院に行って吸ってもらうという様に用途を分けると良いと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました