育児中家庭でロボット掃除機を使う3つのメリット

鼻水吸引器で子供の鼻水を上手に吸う2つのコツ

鼻水吸引器で子供の鼻水を上手に吸う2つのコツ子育て
この記事は約3分で読めます。
PR

どうも、じっくりおとんです。

子供が風邪をひいたとき、鼻水吸引器で子供の鼻水を吸おうとすると、鼻水を吸われるのを嫌がって暴れるのでゆっくり優しく吸ってあげられることって少なくないですか?

ただでさえ鼻水を吸われるのが嫌いなのに、風邪でだるい状態なので子供もぐずぐず。

なので、短時間でたくさんの鼻水を吸って早く楽にしてあげるが親として子供のためにできることなのかなと思います。

でも最初はそもそも鼻水を上手に吸うのが難しかったです。

我が家はハンディタイプの鼻水吸引器を使っていますが、いきなり上手には使えないんで、試行錯誤の時期がありました。親が上手くできないイライラに加えて、子供のギャン泣きプレッシャーは結構なものです。。。

なので、これから鼻水吸引器を使うパパママのために、コツを簡単に書きたいと思います。

PR

しっかり子供の身体を押さえる

鼻水吸引器の使い方というよりも、まずは子供の身体をしっかりと押さえて動かないようにすることが大事です。

どうしても子供は暴れます。暴れると鼻水吸引器のノズルが鼻に入らず、そもそも吸うことができません。

なので、家庭環境にもよりますが、協力してもらえる環境の方は1人が身体を押さえて、もう1人が鼻水を吸うという感じで役割分担をすると良いですよ。

PR

鼻の横あたりを指で押しながら吸引する

鼻水吸引は、どんな優れた鼻水吸引器を使っても、ただ鼻水吸引器のノズルを鼻に入れるだけだとうまく奥の方に溜まった鼻水まで吸いきることができません。

というのも、我が家は長女が過去中耳炎になり、良く鼻水を吸ってもらいに耳鼻科に通ったのですが、その時に先生がいつも鼻の横の鼻水が溜まっているツボを押しながら吸ってくれていたんです。

それも、ココ!といういつも決まった場所がないのか、結構いろんな場所を親指で軽く押しながら吸引していました。

押しながら鼻水が溜まっている場合を見つけてはズズズッ。また見つけてはズズズッ。と先生ですら探り探りやっていました。

市販の鼻水吸引器のなかではメルシーポットが強力で病院の鼻水吸引器並みのパワーがあると言われますが、病院の吸引器でも先生が鼻の横を押しながら吸ってくれるので、やはり基本的にはノズルを入れるだけだとしっかり吸いきれないということですよね。

ということで、鼻水は鼻の横あたりを軽く押しながら吸うと、奥の方に溜まっている分までよく出てきますよ。

PR

まとめ

まとめると、上手に鼻水を吸うコツは、

  • しっかり暴れないように子供の身体を固定してあげること
  • 鼻の横を押しながら吸ってあげること

この2点でした。

これが当たり前にできるようになれば、体調が悪くてぐずぐず、嫌がってギャン泣きの状況でもスッと済ませてあげられるので、少しづつ練習してみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました